読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IThaiのブログ

IT関連の話題やタイに関する様々なことを書いていきます。

タイ・ナコーンパトム旅行記

1、2年位前にナコンパトムに行ってきました。ナコーンパトムはバンコクの西北西に約50kmくらい離れたところにある県です。なぜこの街に訪れたかというと、タイで一番大きなパゴダのプラ・パトムチェーディーを一目見てみたかったからです。


朝早く起きて朝食を食べたのち、友達の車でバンコクを出発してから約1時間半ほどでナコーンパトムにやってきました。感覚的にはアユタヤと同じくらいの距離ですかね、道中の写真は撮るのを忘れました。。

街に近づいていくと次第に目的のパゴダが見えてきました。黄土色のパゴダ、近づくにつれ、だんだん大きくなってきます。高さが120メートルもあるらしいです。パゴダの周りは城壁に囲われており、庭園も綺麗に手入れが行われています。

f:id:kkv:20150914003558j:plain
(プラ・パトムチェーディーの近くで撮った写真)

ナコーンパトムは「最初の街」という意味らしい。6世紀のドヴァーラヴァティー時代から栄え、現在のタイ国内の町で一番古い町とさえ言われています。その昔、モン族がドヴァーラヴァティー王国を建国していたのですが、このあたりを中心に栄えていたようです。

f:id:kkv:20150914003834j:plain


f:id:kkv:20150914003908j:plain
(プラ・パトムチェーディーの中の仏像の写真)

パゴダの中には金色の涅槃仏や仏像があり、周りには壁画が描かれています。タイの遺跡やパゴタには大抵壁画が描かれていて、何かを伝えようとしていますが、タイの歴史をあまり知らないので、綺麗だなとか古そうだなと感じるくらいの感想しかありません。タイの歴史も勉強したいなぁと思うこの頃です。見学はだいたい1時間くらいで見終わってしまったので、腹ごしらえをしてまたバンコクに帰りました。また今度タイに観光に行くので、今から楽しみです。

f:id:kkv:20150914001853j:plain

物語 タイの歴史 微笑みの国の真実 (中公新書)

物語 タイの歴史 微笑みの国の真実 (中公新書)

広告を非表示にする