IThaiのブログ

IT関連の話題やタイに関する様々なことを書いていきます。

VirtualBoxにインストールしたVMからvagrant boxを自作する

vagrantのVMイメージはいつもA list of base boxes for Vagrant - Vagrantbox.esから選んでローカルのBoxに追加していましたが、誰かが作成したBoxをそのまま使用するのはセキュリティ的に芳しくないと思っていたため、信頼できるサイトからisoファイルとしてダウンロードしてきたものからboxを自作してみることにしました。

Virtualboxにインストール

そのまま通常通りに進めていけば良いので、詳しい方法は省略します。下記等を参考にしてください。

CentOS 6.5をnetinstall.isoを使用して最小構成でインストールする - Symfoware

isoファイルはCentOS6.6を選択して以下から取得しました。

CentOS Mirror

ホストからsshログイン

virtualboxの設定からネットワーク>アダプター2 ネットワークアダプターを有効化にチェックし、割り当てをホストオンリーアダプターを選択します。 このときMacアドレスをメモします。

Virtaulboxのコンソールにてeth1の設定をします。

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1

以下を設定します。

DEVICE=eth1
TYPE=Ethernet
NM_CONTROLLED=no
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=none
HWADDR=08:00:27:9D:50:67 #ご自身のMacアドレスを設定します。
NAME="eth1"
IPADDR=192.168.33.20
NETMASK=255.255.255.0
PEERDNS=no

eh1を起動します。

# ifup eth1

rootユーザでsshログインをします。

$ ssh root@192.168.33.20

ログイン後にvagrantユーザを作成します。

# useradd -m vagrant
# passwd vagrant

今度はvagrantユーザでログインします。

$ ssh vagrant@192.168.33.20
sshキーの作成

ホスト側でsshキーのペアを作成します。このときキーフレーズにはなにも入れません。

$ ssh-keygen -t rsa

scpで公開キーを送信します。

$ scp id_rsa.pub vagrant@192.168.33.20:~/

公開キーを登録します。パーミッションに注意してください。これを間違えると、sshログインのときにパスワードを聞かれてしまいます。

$ mkdir .ssh
$ chmod 700 .ssh
$ ch .ssh
$ cat id_rsa.pub >> authorized_keys
$ chmod 600 authorized_keys

sshログインでパスワードを聞かれなくなりました。

$ ssh vagrant@192.168.33.20
Vagrant boxを作成

ホストで以下のコマンドを実行します。centos66は仮想環境の名前です。

$ vagrant package --base centos66

package.boxが作成されます。

vagrant upする

作成したboxを追加して、Vagrantfileを作成し、vagrant upしてみました。

$ vagrant box add centos66 package.box
$ vagrant init

Vagrantfile

Vagrant.configure(2) do |config|
   config.vm.box = "centos66"
   config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"
...

vagrant upすると、エラーが起きました。

Authentication failureのエラー

1つ目は、Authentication failureと繰り返し表示される、以下のエラーです。

    default: SSH address: 127.0.0.1:2222
    default: SSH username: vagrant
    default: SSH auth method: private key
    default: Warning: Connection timeout. Retrying...
    default: Warning: Connection timeout. Retrying...
    default: Warning: Remote connection disconnect. Retrying...
    default: Warning: Remote connection disconnect. Retrying...
    default: Warning: Authentication failure. Retrying...
    default: Warning: Authentication failure. Retrying...
    default: Warning: Authentication failure. Retrying...
    default: Warning: Authentication failure. Retrying...
    default: Warning: Authentication failure. Retrying...
    default: Warning: Authentication failure. Retrying...
    default: Warning: Authentication failure. Retrying...

これは、ゲストOSに以下のauthorized_keyを追加することで解決しました。

$ wget https://raw.githubusercontent.com/mitchellh/vagrant/master/keys/vagrant.pub -O .ssh/authorized_keys
sudoとttyのエラー

2つ目は、以下のようなエラーです。

    default: in which case you may ignore this message.
==> default: Configuring and enabling network interfaces...
The following SSH command responded with a non-zero exit status.
Vagrant assumes that this means the command failed!

cat /etc/redhat-release

Stdout from the command:



Stderr from the command:

sudo: sudo を実行するには tty がなければいけません。すみません

ttyなしでsudoできるように、visudoでDefaults requirettyをコメントアウトします。

# visudo

#
# Disable "ssh hostname sudo ", because it will show the password in clear.
#         You have to run "ssh -t hostname sudo ".
#
# Defaults requiretty

vagrant haltをして、再度起動しようとすると、以下のようなエラーもでました。

$ vagrant halt
==> default: Attempting graceful shutdown of VM...
The following SSH command responded with a non-zero exit status.
Vagrant assumes that this means the command failed!

shutdown -h now

Stdout from the command:



Stderr from the command:

sudo: 端末 (tty) が存在せず、パスワードを尋ねる (askpass) プログラムが指定されていません

visudoして、以下を追加しました。

vagrant ALL=(ALL)   NOPASSWD: ALL
デバイス eth1 は存在しないと言われるエラー

vagrant haltして、vagrant upします。

$ vagrant halt
==> default: Attempting graceful shutdown of VM...

$ vagrant up

==> default: Configuring and enabling network interfaces...
The following SSH command responded with a non-zero exit status.
Vagrant assumes that this means the command failed!

ARPCHECK=no /sbin/ifup eth1 2> /dev/null

Stdout from the command:

デバイス eth1 は存在しないようですので、初期化を遅らせます。


Stderr from the command:

今度は上記のようなエラーが発生しました。下記を参考にしました。 Vagrantのネットワークが起動しないときは - Thinking-megane

パッケージングする前のゲストOSでMACアドレスとのマッピングを無効にします。

# sudo ln -s -f /dev/null /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules
guest additionsのエラー

再度パッケージングしなおして、vagrant upしてみます。(このとき、いままでの上記のエラーをださないために、それぞれの上記対策も一緒にしておきました。)

$ vagrant destroy
$ vagrant box remove centos66
$ rm -rf package.box
$ vagrant package --base centos66
$ vagrant box add centos66 package.box
$ vagrant up
....
==> default: Checking for guest additions in VM...
    default: No guest additions were detected on the base box for this VM! Guest
    default: additions are required for forwarded ports, shared folders, host only
    default: networking, and more. If SSH fails on this machine, please install
    default: the guest additions and repackage the box to continue.
    default: 
    default: This is not an error message; everything may continue to work properly,
    default: in which case you may ignore this message.
==> default: Configuring and enabling network interfaces...
==> default: Mounting shared folders...
    default: /vagrant => /Users/xxx/centos
Failed to mount folders in Linux guest. This is usually because
the "vboxsf" file system is not available. Please verify that
the guest additions are properly installed in the guest and
can work properly. The command attempted was:

mount -t vboxsf -o uid=`id -u vagrant`,gid=`getent group vagrant | cut -d: -f3` vagrant /vagrant
mount -t vboxsf -o uid=`id -u vagrant`,gid=`id -g vagrant` vagrant /vagrant

The error output from the last command was:

mount: 未知のファイルシステムタイプ 'vboxsf'

eth1のエラーはでなくなりましたが、どうやら、guest additionsをインストールしなければいけないみたいです。

下記を参考に元のゲストOSにquest addtitionsをインストールします。

VagrantのBoxを新しく作成する方法(VirtualBox / CentOS 6.6 x86_64) - TASK NOTES

guest additionsのセットアップに必要なモジュールをインストールします。

# yum -y install gcc
# yum -y install kernel-devel
# yum -y install dkms
# yum -y install perl
# reboot

guest addtionsをダウンロード、そしてマウントします。

# wget http://download.virtualbox.org/virtualbox/4.3.20/VBoxGuestAdditions_4.3.20.iso
# mkdir /media/VBoxGuestAdditions
# mount -o loop,ro VBoxGuestAdditions_4.3.20.iso /media/VBoxGuestAdditions
# sh /media/VBoxGuestAdditions/VBoxLinuxAdditions.run
# rm VBoxGuestAdditions_4.3.20.iso
# umount /media/VBoxGuestAdditions
# rmdir /media/VBoxGuestAdditions

再度パッケージングして、vagrant upします。

ようやく成功
$ vagrant destroy
$ vagrant box remove centos66
$ rm -rf package.box
$ vagrant package --base centos66
$ vagrant box add centos66 package.box
$ vagrant up
....
==> default: Mounting shared folders...
    default: /vagrant => /Users/xxx/centos

やっと成功しました。

今後はこの作成したboxを使っていきたいと思います。


*BIOSとは?

Linuxのインストール時の調査で色々調べているうちに、BIOSという言葉が多くでてきました。BIOSとは、マザーボードに組み込まれたソフトウェアで、PCの起動時に実行され、ハードウェアを初期化して、OSを起動させるものらしいです。

実践 Vagrant

実践 Vagrant

広告を非表示にする