IThaiのブログ

IT関連の話題やタイに関する様々なことを書いていきます。

Nginxのインストールとロードバランシングを試す

apache以外のwebサーバも覚えておきたいので、nginxを使ってみます。

まずは、nginxのインストール方法をメモしておきます。

リポジトリを登録します。
$ sudo rpm -ivh http://nginx.org/packages/centos/6/noarch/RPMS/nginx-release-centos-6-0.el6.ngx.noarch.rpm
nginxをインストールします。
$ sudo yum install -y nginx
nginxを開始します。
$ sudo service nginx start
Starting nginx:                                            [  OK  ]

ブラウザでアクセスして、Welcome to nginx!が表示されたら成功です。

次はnginxのロードバランサー機能を試してみたいと思います。

まず、ロードバランスの設定をします。

/etc/nginx/nginx.conf

...
http {
    include       /etc/nginx/mime.types;
    default_type  application/octet-stream;

    upstream myserver {
        server 192.168.33.20;
        server 192.168.33.30;
    }
...

/etc/nginx/conf.d/default.conf

...
    location / {
    #    root   /usr/share/nginx/html;
    #    index  index.html index.htm;
        proxy_pass http://myserver;
    }
...
nginxを再起動しておきます。
$ sudo service nginx restart
Stopping nginx:                                            [  OK  ]
Starting nginx:                                            [  OK  ]
後2台サーバを立てます。

*vagrantで立てると簡単なのでおすすめです。
*一目でわかるようにするため、index.htmlを編集しておきます。

$ sudo vim /usr/share/nginx/html/index.html
2台のnginxの開始を行います。

ブラウザでロードバランサのipにアクセスして、web1, web2と交互に表示されれば成功です!

f:id:kkv:20150609004725p:plain

f:id:kkv:20150609004748p:plain

Webエンジニアが知っておきたいインフラの基本

Webエンジニアが知っておきたいインフラの基本

広告を非表示にする