IThaiのブログ

IT関連の話題やタイに関する様々なことを書いていきます。

Apache axisでWebサービスを呼び出してみた

最近は通信系のアプリケーションを作成しているので、試しにWebサービスを呼び出してみました。

対象のWebサービス

デ辞蔵 オンラインでもオフラインでも使える電子辞書

WSDL : http://public.dejizo.jp/SoapServiceV11.asmx?WSDL

サービスURL : http://public.dejizo.jp/SoapServiceV11.asmx

使用環境

Eclipse Kepler
Apache axis 1.4.0
Java 1.6(古い。。)

手順

  1. Eclipseでjavaプロジェクトを作成

  2. 右クリック>Other>Web Services>Web Service Client>Next

  3. Service definitionにWSDLのURLを入力して完了

  4. ソースファイルが自動作成される

  5. 以下クラスを作成

例として、辞書の正式名称のリストを取得してみました。

import org.apache.axis.AxisFault;

import jp.MyDictionary.SOAPServiceV11.DicInfo;
import jp.MyDictionary.SOAPServiceV11.SOAPServiceV11Locator;
import jp.MyDictionary.SOAPServiceV11.SOAPServiceV11Soap;


public class Main {

    public static void main(String[] args) throws AxisFault {
        try {
            SOAPServiceV11Locator locator = new SOAPServiceV11Locator();
            // エンドポイントURLを指定
            locator.setSOAPServiceV11SoapEndpointAddress("http://public.dejizo.jp/SoapServiceV11.asmx");
            SOAPServiceV11Soap service = locator.getSOAPServiceV11Soap();
            DicInfo[] dicInfoArray = service.getDicList("");
            for(DicInfo dicInfo : dicInfoArray){
                System.out.println(dicInfo.getFullName());
            }
        } catch (Exception e) {
            // TODO Auto-generated catch block
            e.printStackTrace();
        }
    }
}

実行結果

Edict和英辞典
EJDict英和辞典
JMdict独和辞典
JMdict仏和辞典
JMdict露和辞典
JMdict和独辞典
JMdict和仏辞典
JMdict和露辞典
フリー百科辞典 ウィキペディア日本語版
三省堂 デイリーコンサイス英和辞典(試用版)
三省堂 デイリーコンサイス国語辞典(試用版)
三省堂 デイリーコンサイス和英辞典(試用版)

感想
WSDLから通信に必要なソースは自動生成されるので、こちらはクライアントコードを少し書くだけでWebサービスが利用できます。自分のWebサービスをマッシュアップしたい場合はどうぞ。

広告を非表示にする