IThaiのブログ

IT関連の話題やタイに関する様々なことを書いていきます。

apache2とtomcatの連携を後で見返すための忘備録

今回はWebサーバーの一つであるApacheアプリケーションサーバーのTomcatの連携をしたいと思います。Tomcatには静的ファイルを処理するWebサーバーとしての機能もありますが、もともと開発・デバッグ用に作られたもので、本家のWebサーバーには性能が劣ってしまうみたいです。

また、サーバー自体の負荷分散として、Webサーバーとアプリケーションサーバーは分けておきたいですね。

今回はWebサーバーとアプリケーションサーバーでよく使用される、ApacheTomcatでリクエスト処理を分担する方法を書きます。

イメージとしては
静的ファイル→Apache
それ以外→Tomcat
上記のように処理を分けます。

まずは設定ですが、Apachehttpd.confでhttpd_proxy.confをインクルードします。そして、httpd_proxy.confに以下を追加します。

ProxyPass /css !
ProxyPass /js !
ProxyPass /image !
ProxyPass / ajp://localhost:8009/

また、利用する静的ファイルはhttpd.confのdocumentRoot配下に静的ファイルまでのパスを指定することで処理されます。

Apacheのファイルを更新したときは、Apacheの再起動を忘れずに!

広告を非表示にする